コラム|【いとう歯科】八幡市欽明台・松井山手の歯医者

  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・診療時間
  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・メニュー

皆さんこんにちは。

いとう歯科です。

当院では、患者さまの歯を極力、保存できるよう努めております。

「歯はかけがえのない組織」なので、保存するに越したことはないからです。

そこで今回は、「精密な根管治療」を実施して歯を残すメリットをわかりやすく解説します。

天然歯に勝る人工歯はない

昨今、「インプラント」のような見た目も構造も天然歯そっくりな人工歯が普及するようになりました。

確かにインプラントは、審美性、機能性、耐久性において、入れ歯やブリッジより優れているといえます。

けれども、「天然歯と比較すると劣っている」と言わざるを得ません。

1本40万円程度かけて埋入しても、もともとある歯の方がお口はもちろんのこと、全身の健康にとっても良いといえるのです。

顎の骨が痩せていかない

むし歯が重症化して、例え歯冠の大半がなくなったとしても、「根管治療によって残す価値」は十分あります。

天然の歯根が残存していることで、顎の骨へと適切な圧力が加わるからです。

その結果、経年的に顎の骨が痩せていく、という変化を防止することができます。

食事を美味しくいただける

根管治療は、歯の神経が死んでしまったむし歯に対して行うものです。

そのため、歯に対する刺激は伝わらなくなります。

けれども、歯根と顎の骨の間に介在している「歯根膜」は生きているので、食べ物の硬さを感じとることが可能です。

同じような構造をとっているインプラントは、骨と強固に結合していることから、そのような柔軟性はありません。

ちなみに、食べ物の硬さを感じ取れることは、「食事の質を大きく左右する」といえます。

まとめ

このように、根管治療を成功させて歯を残すことができれば、上述したようなメリットが得られます。

当院であれば、歯科用CTやマイクロスコープを活用した精密根管治療が可能となっておりますので、成功率も極めて高いです。

そんな精密根管治療がお望みであれば、是非いとう歯科までご相談ください。

歯の根の治療について、さらに詳しくご説明します。