コラム|【いとう歯科】八幡市欽明台・松井山手の歯医者

  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・診療時間
  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・メニュー
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 安静にしているのに、「歯がジンジンと痛む」ようなことがあれば、それはほぼむし歯と考えて間違いはありません。 もちろん、歯周病やその他の病気の可能性も捨てきれませんが、いずれにせよ早急に歯科を受診しましょう。 一方、「食べ物がしみる」程度の症状となると、対応に迷ってしまう人も多いですよね。 冷たいものがしみるのは知覚過敏? 冷たい食べ物や飲み… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 むし歯になってしまった歯は、感染した歯質を削らなければ完治できません。 ですから、虫歯が大きければ大きいほど、削る量も多くなり、重症化したケースでは「歯そのものを失う」こととなります。 当院では、そんな最悪のケースを避けるためにも、「削る量を最小限に抑えたむし歯治療」を心がけております。 健康な歯質は削らない 一般的なむし歯治療では、細菌感… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 当院では、歯医者さんの位置づけを「歯の治療に行くところ」から、「むし歯や歯周病にならないために行くところ」に変えていただくよう、努めております。 それが患者さまのお口の健康を維持する上で、何より重要だからです。 そこで当院では、歯科の検診を定期的に受けることを推奨しております。 歯科の定期検診とは? 歯科の定期検診とは、一定の間隔をあけてご… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 予防歯科では、歯のクリーニングである「PMTC」を行います。 歯を白くするホワイトニングと混同されている方も多いようですので、今回はそんな歯のクリーニングについてわかりやすく解説します。 機械的な歯のお掃除 PMTCは、日本語に訳すと「専門家による機械的な歯のお掃除」です。 普段は歯を削るために用いるハンドピースに、専用のブラシを装着して歯… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 風邪や胃腸炎、あるいは糖尿病といった全身の病気は、「予防のために病院を受診」することはまずありませんよね。 日常的には、十分な睡眠時間を確保し、適度な運動をするなど、生活習慣にかかわる予防をしている人は多いかもしれませんね。 そうなると、なぜお口の病気だけわざわざ予防歯科に通わなければならないのか、不思議に思えてくることでしょう。 そこで今… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 歯の根の治療は、比較的「長い時間のかかる」ものなので、できれば受けたくですよね。 失敗すると、歯を失わざるを得ないことも多々あります。 今回はそんな「根管治療が必要となるケース」についてわかりやすく解説します。 歯の神経まで広がったむし歯 根管治療の対象となるのは、主に重症化したむし歯です。 専門的には「C3」と呼ばれる段階で、エナメル質と… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 むし歯がある程度まで進行すると、歯の神経を抜かなければならなくなります。 専門的には「抜髄(ばつずい)」と呼ばれる処置ですね。 抜髄した歯は、さまざまリスクが上昇するので、可能であれば残した方が良いといえます。 そこで今回は、「歯の神経を残すメリット」やその方法についてかんたんにご説明します。 歯の神経に役割とは 歯の神経は、外から刺激を感… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 一般の歯科医院では、根管治療の成功率が50%程度にとどまっているといわれています。 「半分のケースで再発する」となると、患者さまも不安に感じてしまいますよね。 実際、根管治療というのは、とても難易度の高い処置となるため、歯科医師の技術力や使用する機器に大きく左右されるといえます。 そこで当院では、「精密な根管治療」を実現するために、いくつか… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 むし歯治療というのは、開始するのが早いほど、削る量も少なく済みます。 歯の一番外側を覆っている「エナメル質だけがむし歯」になっているのであれば、麻酔すら必要ありません。 さらに初期のむし歯なら、「削らずに治せる」こともあるのをご存知でしょうか? 今回はそんな初期のむし歯の特徴と治療法についてわかりやすく解説します 白いシミは初期のむし歯 歯… 続きを読む
皆さんこんにちは。 いとう歯科です。 当院では、患者さまの歯を極力、保存できるよう努めております。 「歯はかけがえのない組織」なので、保存するに越したことはないからです。 そこで今回は、「精密な根管治療」を実施して歯を残すメリットをわかりやすく解説します。 天然歯に勝る人工歯はない 昨今、「インプラント」のような見た目も構造も天然歯そっくりな人工歯が普及するようになりました。 … 続きを読む