コラム|【いとう歯科】八幡市欽明台・松井山手の歯医者

  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・診療時間
  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・メニュー

皆さんこんにちは。

いとう歯科です。

むし歯になってしまった歯は、感染した歯質を削らなければ完治できません。

ですから、虫歯が大きければ大きいほど、削る量も多くなり、重症化したケースでは「歯そのものを失う」こととなります。

当院では、そんな最悪のケースを避けるためにも、「削る量を最小限に抑えたむし歯治療」を心がけております。

健康な歯質は削らない

一般的なむし歯治療では、細菌感染を起こした部位だけではなく、健康な歯質もそれなりの量を削ることとなります。

なぜなら、肉眼では健全な歯質と病変部を「厳密に見極めるのは不可能」に近いからです。

そこで当院では、ケースに応じてむし歯治療にもマイクロスコープを活用することがあります。

むし歯と健全な歯質との「境目が明瞭」になれば、歯を削る量も最小限に抑えられますよね。

再発のリスクを抑える

今ある歯をできるだけ残すのであれば、「再発リスクを下げる」ことも重要なポイントです。

いくら早くて安い治療を実現したとしても、再発しては意味がありません。

むしろ、失う歯質の量が大幅に増えることから、「即席の治療は有害」とさえ考えられます。

ですから、当院では精密なむし歯治療を心がけ、再発リスクを可能な限り引き下げる取り組みを実施しております。

天然歯にかなう人工歯はない

いとう歯科が今ある歯の保存に力を入れる理由は、「天然歯の優位性」にあります。

例えば、インプラントのような優れた人工歯であっても、誰もが持っている天然歯にかなうことはないのです。

とくに、お口や全身の健康に及ぼす影響、噛み心地の良さなどは天然歯の方が圧倒的に優れているのです。

そういう意味でも、「今ある歯を残すこと」に全力を尽くすべきだといえます。

まとめ

このように、むし歯治療というのは、歯を削ってレジンや金属を詰める、といったシンプルなものに思われがちですが、歯科医師の技術や治療方針によってその結果は大きく変わってきます。

それだけに、むし歯治療を任せる歯医者さんは、慎重に選ぶ必要があるのです。