コラム|【いとう歯科】八幡市欽明台・松井山手の歯医者

  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・診療時間
  • 八幡市欽明台,松井山手・いとう歯科・メニュー

皆さんこんにちは。

いとう歯科です。

歯の根の治療は、比較的「長い時間のかかる」ものなので、できれば受けたくですよね。

失敗すると、歯を失わざるを得ないことも多々あります。

今回はそんな「根管治療が必要となるケース」についてわかりやすく解説します。

歯の神経まで広がったむし歯

根管治療の対象となるのは、主に重症化したむし歯です。

専門的には「C3」と呼ばれる段階で、エナメル質と象牙質を越えて、歯の神経まで侵されたむし歯に施されます。

歯の神経と血管から構成される「歯髄(しずい)」を抜いたのち、根管内をきれいに洗浄します。

治療期間が長いのはなぜ?

比較的浅いむし歯は、感染した歯質を除去し、「コンポジットレジンを充填」するだけで治療が完了します。

即日、むし歯治療が終わった経験のある方も多いのではないでしょうか。

象牙質に至るC2程度のむし歯であっても、被せ物の製作が必要となりますが、数回の通院で治療は終わります。

一方、根管治療となると2~3回の通院で済むことはまずありません。

長ければ数ヶ月に及ぶこともあります。

これは、「根管がとても細くて複雑な構造」を呈しているからです。

そのため、歯冠部のむし歯のように、ドリルでガリガリ削り落とすことは困難となっています。

精密根管治療なら治療期間も短縮できる

当院では、そんな根管治療に「歯科用CTやマイクロスコープ、ニッケルチタンファイル」といった精密機器を導入しております。

それらを用いることで根管処置が精密になり、病変の取り残しが減少します。

通常の施術と比較すると、治療期間も大きく短縮させることが可能となります。

何より、「むし歯の再発リスクが低下する」というメリットが得られます。

まとめ

このように、根管治療は患者さまにとって心身への負担が大きいものとなりますが、歯を残す上ではとても重要な処置です。

かけがえのない天然歯をできる限り残したい、という方は積極的に受けることをおすすめします。

当院は、歯を残すための治療を得意としておりますので、重症化したむし歯にお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。